病院の規模や地域差を良く比較する

看護師が稼ぐために高給与を目指すと、医療業界を選ぶのが典型的です。中でも病床数が多くて、地域の中核を成している病院で働くのが良いと考えられている場合が多いものの、必ずしもそれが正しいとは限りません。現状として、確かに規模が大きい病院ほど給与は高くなる傾向にありますが、例外は多いのが事実です。

大学病院はその代表例であり、しばしば給与が低くて同じ地域の中病院とほとんど変わらない場合もあります。逆に病床数はそれほど多くなくても専門病院では給与水準が高い事も珍しくありません。また、地域差の大きさにも注意した方が良いでしょう。日本国内であっても地域による物価水準の違いは顕著にあるため、都心で働く方が高給与になる傾向があります。しかし、生活費とのバランスを考えると結果的に稼げている金額は少なくなってしまう場合もあり、都心部に出てきた結果として貯蓄に費やせる金額が減ってしまう看護師もいる事には注意しましょう。
そして、逆に田舎に行く事によって急激に給与水準が高くなる時もあります。良く知られているのが離島ナースとして働いた場合であり、医療業界で働く際にはトップクラスの給与を得られる道として選ぶ人も多くなりました。規模が大きな病院を選べば高給与で働けると考えてしまう傾向が強いのが現状であるものの、実際にはその方程式がいつでも成り立つわけではありません。稼ぐためには個々の病院の待遇と、その地域での物価を見て比較しなければならないのです。

Categories Categories